平岡旗製造ヒストリー

製作した優勝旗の役割とは?金糸を使ったオリジナル旗の魅力やメリット

競技大会で優勝すると、歴史があって重厚感のある優勝旗を受け取ることになります。旗は競技大会でトップに立った象徴としての役割があります。

やはり、優勝旗を持つ姿はどこか堂々として見え、私ももってみたいと次回へのモチベーションにもなります。そこでこちらでは、旗を製作・活用することでどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

旗の魅力1「目印、情報伝達手段」

芝生に映る旗の影

旗をかかげて奮起を促すようになったのは、日露戦争時に東郷平八郎率いる連合艦隊の旗艦であった三笠のマストにZ旗をかかげたことが始まりです。Zはアルファベットで最後の文字なので、後がない決死の覚悟で臨むという意志を表した旗だったのです。

また、旗は場所や状況によって様々な意味や役割を果たしています。例えば、旅行に行った際に添乗員がよく旗を振って誘導しているのを見かけますが、あれば目印としての役割です。ゴルフも旗に向かってボールを打ちます。

船乗りの方でしたら分かると思いますが、手旗信号は目印ではなく遠くにいる仲間との交信や敵対する勢力へ降参の意思を伝えるなど、意思や情報を伝達する手段にもなります。

旗の魅力2「シンボルとして一つにまとまる役割」

運動会の優勝旗を見る小学生

旗の魅力は伝達手段というだけでなく、シンボルとしても一役かっているオリジナルの象徴です。

応援旗は選手を激励・鼓舞する、優勝旗は成績や実績を表す象徴、社旗や国旗は所属している会社を表し、所属している国を表すものです。

このように旗の役割やメリットは様々ですが、オリジナルの旗は人にとって常に目標となる指針や拠り所、一本の柱のような存在なのです。

金糸を使ったオリジナル優勝旗の製作で大会がより格の高いものに

旗の魅力が最大限に生かされているのは、優勝旗と言っても過言ではないでしょう。優勝旗はその競技大会の品格を高め、その優勝旗を手にすることでその後の人生や生活に多大な影響を与えることもあります。出場する大会に重厚感のある優勝旗があることで、その優勝旗が選手たちの目標・指針となるのです。

優勝旗に使われている金糸には高級感があり、旗の価値を最大限に高めてくれます。金糸を使うことによって格が高まり、より一層目標となりやすいです。優勝旗とは全国の予選を勝ち抜いてきた選手たちが熱い思いをぶつけあい、日本一を決める大会です。その激戦を勝ち抜き、優勝したものにしか手にすることが許されないのが、優勝旗で唯一無二の象徴であり、その年にしか手にできないオリジナルの旗です。

最も有名な優勝旗は夏の甲子園・深紅の大優勝旗ではないでしょうか。この旗は深紅色の糸と、本金糸を織って作られています。その優勝旗製作実績が豊富な専門店が平岡旗製造株式会社です。優勝旗の製作をお考えの場合は、ぜひお問い合わせください。

旗の魅力を存分に生かした優勝旗製作は平岡旗製造株式会社へ

上記で紹介したように、旗は目印、情報伝達手段でありながら、象徴的な役割として人や会社、社会を一つにまとまる役割も担っています。

平岡旗製造株式会社では、各種大会に欠かせない優勝旗製作を行っております。金糸を使ったオリジナル優勝旗の製作をご検討している場合は、実績豊富な平岡旗製造株式会社へぜひお問い合わせください。

金糸を使ったオリジナル優勝旗を製作するなら平岡旗製造株式会社へ

会社名 平岡旗製造株式会社
役員
  • 代表取締役社長 平岡昌高
  • 専務取締役 平岡成介
  • 取締役 平岡由子
創業 1887年(明治20年)10月
設立 1939年(昭和14年)26日
資本金 1000万円
住所 〒600-8493 京都府京都市下京区郭巨山町18 ヒラオカビル
電話 075-221-1500
FAX 075-255-2285
URL http://www.hiraoka-hata.com/
取引銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 京都中央支店
  • 京都銀行 本店
  • 京都信用金庫 本店
主要取引先 (株)川島織物セルコン、(株)大丸京都店、朝日新聞社、(財)ボーイスカウト日本連盟、
(財)日本高等学校野球連盟、全国のロータリークラブ・ライオンズクラブ ほか
  • 校旗
  • 優勝旗
  • 会旗・敬弔旗
  • 染め旗
  • 祭禮用品
  • お問い合わせ
  • 歴史写真館
  • 制作風景